Nゲージ ストラクチャー

鉄道模型の家、ビル、建物、施設、鉄道施設所、照明など

Nゲージ ストラクチャー

Nゲージストラクチャーといってもいろいろな種類が販売されています。
種類によって分けてみると、たとえば、一般的な施設、照明、鉄道施設所などの建物があります。

そして踏み切りや信号機、転車台などもありますし、架線柱、電柱などもNゲージストラクチャーにはあります。
これらがあることによってかなり引き立って見れるので、欠かせないものですね。

ほかにも、鉄道橋や、高架橋、橋脚もありますし、鉄道施設の小物や、一般小物、アクセサリー、駅舎、ホームなどもあります。

さまざまなメーカーから色々な種類が販売されていますが、とても精巧に作られているものばかりですから、使うことによって、作品がとても引き立ちます。

値段は小さなもので、1000円前後で販売されています。
少しずつそろえていってもいいですし、一度にたくさんそろえていってもいいと思いますので、自分のレイアウトやイメージに合うものを少しずつ揃えていくといいですね。

少しずつ揃えることによって完成したときの充実度が違います。

Nゲージ ストラクチャー

ストラクチャー 鉄道模型店ミッドナイン
https://www.mid-9.com/1c-structure.htm

Nゲージストラクチャーを作る

Nゲージストラクチャーは市販のもので作られたものも販売されていますから、それを使えば手軽に自分の模型に設置することもできます。
ですが、手作りでしたいと思っている人もいるでしょう。

Nゲージストラクチャー、販売されているものの中には、色を塗るのは自分で、組み立ても自分という、キットのタイプのものも販売されていますので、こちらも便利です。
Nゲージストラクチャーをこれから購入しようと思っている人は、自分で作るタイプなのか、それとも既存のタイプなのか選ぶといいですね。

もちろん材料から集めて、最初から1から手作りすることもできます。
1から手作りをしたほうが、もっとリアルに再現できたり、自分が造りたいと思っていた部分を細かく自分好みにカスタマイズできるメリットもあります。

初心者のうちは、既存のものでもいいかもしれませんが、慣れてきたらNゲージストラクチャーを自分で作ってみるのもいいかもしれませんね。
手作りは手作りの良さがあります。